サザエさん磯野波平の薄毛タイプとおすすめの育毛法

レジェンド・波平さんの薄毛タイプ

アニメやマンガの薄毛キャラといったら、必ず名前があがりそうな薄毛界のレジェンド波平さん。磯野家の大黒柱であり、サザエさんやカツオの父親です。アニメだとよく怒っているイメージがあります。そんな波平さんは威厳があるためか、髪型のせいかわりと年配に見えますが、設定上はまだ54歳です。
波平さんの髪型は、男性型脱毛症(AGA)が全体的にかなり進んだ段階だと考えられます。ハミルトン・ノーウッド分類で見ると、第三段階のレベル7ということで、頭頂部に髪の毛が一本残っていることを除くとほぼ最終解脱形態です。

波平さんの薄毛は治療できるのか?

波平さんの若い頃の画像を調べてみると、M字型とは言いにくい髪型です。とすると、頭頂部から薄毛が進行し、脱毛していくO型であった可能性が高いと言えそうです。あるいは、50代で最終段階に達していることを考えると、M型とO型の混合型で、前頭部と頭頂部両方から進行してしまったのかもしれません。

さて、第三段階のレベル7、いわゆる波平ハゲまで症状が進行した場合、毛髪がない部分が頭皮のある程度を占めています。言い換えると、毛母細胞が死んでいる部分が多いということです。この部分は、育毛剤やAGA治療薬などを使って発毛を促すのが、難しいと言わざるをえません。はっきり言ってしまえば、絶望的です。

波平さんなら自毛植毛でふさふさに!?

そこで、波平さんがどうしても髪型をなんとかしたいとしたら、もはや育毛剤などの付け焼き刃の対策ではおさまりません。ここはかなり歩を進めて植毛をおすすめします。植毛には自毛植毛と人工毛植毛があります。波平さんの場合、後頭部に自分の毛が残っているため、自毛植毛も可能です。後頭部の毛を根元から抜いて、脱毛する部分に植毛すれば、植毛後もしっかりと生えてくる可能性がより高いと言えます。ただし、残りの自毛の量で植毛できる量も決まるので、すぐにふさふさにしたい場合はやや難しいです。その場合は、人工毛植毛で量を調整するとよいでしょう。

もちろんカツラも選択肢の一つです。ただ、波平さんは一度カツラで若い頃の髪型を再現したら、家族から不評を買ったというエピソードがあります。結局は今の髪型が一番波平さんらしいということかもしれませんね。